ふるなびグルメポイント

ふるさと納税 手続き

寄付を行う上で、いくつか注意しなければならない点があります

 

ワンストップ特例には条件がある

確定申告が不要になるワンストップ特例。サラリーマンにはありがたい制度ですが、いくつか条件があります。

一番重要な条件は、寄付先が5箇所まで、ということ。

これ以上になると手続き、つまり確定申告が必要です。その他の詳細は、こちら(→ワンストップ)で解説してあります。

とはいえ、ワンストップ特例といっても何もしなくて良いわけではありません。寄付した自治体に書類を提出する手続きは最低限必要です。これを忘れるとやはり確定申告が必要になります。

 

寄付する日付に注意

この制度上、寄付した日の翌年の所得税が減税となります。この日付がとても重要で、自治体に寄付金が入金された日が対象となります。

つまり、各自治体のサイトに申し込んだだけでは対象にならず、入金して届かないとダメなんですね。

もともと所得税の計算は1月1日が開始日なので、12月31日までに自治体に入金された寄付が対象です。振り込みや郵送であっても、入金は即時にされないことが多いです(銀行等による)。まして、さとふる のような総合サイトを利用した場合には、手続き上入金までに数日かかったりします。

これが非常にやっかいで、自分で考えているより手続きに時間がかかることがあり、年末までに出来た〜!と思っても実は翌年扱いでした、なんて失敗も!

年末は混みあって手続きが遅れることもあるそうですので、早めの寄付を心がけるようにしましょう

 

© 2016 ふるさと納税 rss